前記事より早期に前蛹になる幼虫が続出している零系の紹介です。


零1-OAKS

20201220_084823
最終体重126g


20201220_085740
最終体重134g
頭幅19.8mm


20201220_090138
最終体重128g


20201220_090426
最終体重120g


20201220_084624
最終体重139g
頭幅20mm




零2-RU168

20201220_133550
最終体重116g


孵化後、約15~16ヶ月での前蛹化で我が家では早期の部類になります。予想通り体重が軽く、理想は18ヶ月以上でしたが、最終体重からの体重減少が少ない個体もおり、前記事の個体の還元率を想定すると意外に伸びるかもしれません。

また、まだ後半組もいますのでそちらにも期待したいですね。



面白い蛹が出てきたらまたアップしてみます。